スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)

 13日午後3時5分ごろ、埼玉県新座市東北2の歯科医院「にいざデンタルクリニック」から「患者がのどに脱脂綿を詰まらせた」と119番があった。救急隊員が駆け付けたところ、治療中の女児(2)が心肺停止の状態で、14日午前6時25分ごろ死亡が確認された。県警新座署によると、死因は窒息死とみられ、業務上過失致死の疑いもあるとみて女性歯科医(37)らから事情を聴いている。

 新座署によると、女児は新座市内の男性の長女。自宅で転倒して前歯を負傷し来院。歯科医と助手数人が治療を始めて間もなく、治療に使った脱脂綿がのどに詰まったという。

 記者会見した同クリニックの代理人弁護士によると、女児は右上の前歯1本が抜けかかっており、診療台に寝た母親があおむけに抱きかかえ、助手3人が頭や手足を押さえて治療。歯科医が円柱状の脱脂綿(長さ2.5センチ、直径7ミリ)二つを歯茎に詰めた後、女児の頭が動き、一つが落ちたという。歯科医は「まさか落ちるとは思っていなかった」と話しているという。【町田結子、飼手勇介】

<口蹄疫>菅首相、12日に宮崎へ(毎日新聞)
宮崎、日向両市でも口蹄疫感染の疑い(読売新聞)
青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
<菅内閣発足>「将来像描いて」 脱貧困に願い切実(毎日新聞)
<菅内閣>消費者担当は荒井氏、少子化担当は玄葉氏が兼務(毎日新聞)
スポンサーサイト

<鳩山首相>続投に意欲 「しっかりとした政治を取り戻す」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は31日午前、社民党の連立離脱や内閣支持率の続落で民主党内からも辞任論が出ていることに関連し、「国民の皆さんのために、しっかりとした政治を取り戻して頑張る。この一点だ」と語り、続投に改めて意欲を示した。連立離脱には「大変残念に思う」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。

【関連ニュース】
鳩山首相:中国の温首相と会談 対北朝鮮で強い姿勢を要請
毎日世論調査:鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%
社民党:鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定
口蹄疫:鳩山首相、近く宮崎訪問
中国:温家宝首相が訪日 鳩山首相と31日会談

<普天間移設>8月末までに代替施設工法などの検討完了へ(毎日新聞)
夫から妻へ、角膜移植が終了=改正移植法の一部施行後初(時事通信)
民主支持回復29%、辞任評価69%…読売世論調査(読売新聞)
夫婦別姓 今国会提出求め議員ら集会 (毎日新聞)
「参院選目当てだ」=首相退陣表明を批判―石原都知事(時事通信)

普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、日米両政府は22日、(1)米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)沿岸部に滑走路を建設する(2)一部の基地機能の沖縄県外移転を検討すること-などで大筋合意した。具体的な滑走路の建設場所や建設工法に、秋ごろまで最終的決定するとし、今月末に共同文書として発表する。ただ、今回の合意は現行案の微修正という色彩が濃く、県外・国外移設を求めてきた沖縄県側の反発は必至。連立与党の社民党の反対も確実で、日米政府の合意通り、決着するかは流動的だ。

【関連記事】
普天間迷走も支持率低下もあいつのせいだ
輿石議員会長、鳩山首相の沖縄再訪に「大変いいことだ」
「政権として反省を」 普天間問題で、民主・安住氏
普天間合意文書で岡田外相とルース大使会談
【鳩山政権考】さながら「オール無責任政権」
中国が優等生路線に?

埋め立て容認を示唆=鳩山首相(時事通信)
学校給食はワンダーランド 「焼きそばと生クリームパン」「うどんとたこ焼き」(J-CASTニュース)
普天間合意向け協議続行=日米(時事通信)
ネット選挙解禁法案を決定=今国会で成立目指す―与野党(時事通信)
子ども手当、現物支給検討へ…長妻厚労相(読売新聞)

大阪ガス子会社で数億円流出か 元社員に背任容疑 府警が捜査(産経新聞)

 大阪ガスのIT関連子会社「オージス総研」(大阪市西区)の元社員が在職中、会社の資金を不正に流出させていた疑いのあることが13日、会社関係者の話で分かった。大阪府警捜査2課は会社からの刑事告訴を受け、背任容疑で本格捜査。元社員がかかわった取引の全容解明を進めている。

 捜査関係者によると、元社員は平成20年までの間、架空取引で売り上げを計上するなど、オージス総研に損害を与えた疑いがあり、不正に流出させた金額は数億円に上るという。内部調査で発覚し、同社は20年1月に元社員を懲戒解雇処分にするとともに、府警に刑事告訴していた。

 オージス総研側は産経新聞の取材に対し、「警察の捜査に委ねているので詳細は差し控えたい。不正に関与したのは元社員1人で、決算はすでに適正に処理している」と話している。

 民間信用調査機関によると、オージス総研は大阪ガスの子会社で、情報処理サービスやシステム開発を手掛けている。資本金は4億円で、21年3月期の売上高は約281億円。

【関連記事】
広ガス子会社元社長が自殺か 架空取引で引責
「富士ソフト」元社員を背任で逮捕 社名でPC仕入れ転売
架空取引で佐川急便から詐取 計1億6000万円か
Kiss-FM、6億円粉飾か 旧経営陣に損賠提訴へ
政治とカネ 企業なら「知らない」で済まない

「首相発言案」社民に配慮、連立亀裂回避狙う(読売新聞)
マンションで男性2人刺され死亡 通報した男逮捕へ 大阪(産経新聞)
廃棄物業者を逮捕 8400万円資産隠し疑い 大阪地検(産経新聞)
内閣支持率19.1%「国民がいらだちを強めておられる」(産経新聞)
アスリート支援企業に初の表彰制度=目指せメダリスト増―文科省(時事通信)

iPS細胞の研究棟公開=山中教授「10年後に臨床試験を」-京都大(時事通信)

 高い増殖能力を持ち、身体の多様な細胞を作り出せる人工多能性幹(iPS)細胞を研究する京都大のiPS細胞研究所(京都市左京区)が8日、報道陣に公開された。iPS細胞を世界で初めて作った山中伸弥京都大教授が所長を務める。
 山中教授は、再生医療への応用について「10年後には臨床試験の実施に到達したい」と強調。難病に対する新薬開発についても、臨床試験の実施に意欲を示した。
 研究所は京都大のiPS細胞研究センターを拡充し、今年4月に設立。研究棟は地上5階、地下1階で、研究員や学生ら約130人のスタッフが研究に当たる。
 棟内には仕切りのない「オープンラボ」や、平日なら誰でも訪問できるギャラリーを設けた。基礎から臨床までの研究を一体的にできるよう目指したいという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS特許、米社にライセンス=海外は初、京大の知財管理会社
培養される「指」=再生医療技術がアートに
iPS細胞の臨床研究可能に=指針を改正、本人使用に限定
カエルのゲノム解読=水から陸へ進化解明に手掛かり

【高速道路新料金】CO2は増える?減る? 国交、環境両省が正反対の試算結果(レスポンス)
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…(産経新聞)
大阪・中国道7台衝突、死亡は長崎の48歳運転手(産経新聞)
日本創新党の基本政策 集団的自衛権行使を容認(産経新聞)
<普天間移設>亀井氏「くい打ち方式案は困難」(毎日新聞)
プロフィール

Author:ミスターとしゆきもりさき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。